オープンイーサネットハードウェア

Open イーサネットは、特定のソフトウェアベンダーやネットワークOSに依存しないスイッチシステムに適用します。スイッチベンダーが提供する特定のソフトウェアやサポートを利用しなければならないプロプライエタリスイッチとは違い、オープンイーサネットスイッチはOSに複数の選択肢があるほか、ユーザーの希望によってOSを使用しないことも、サポートが選べるパッケージを利用することもできます。それらはすべてソフトウェアまたはハードウェアベンダーから、同じハードウェアプラットフォームで提供されています。

オープンイーサネットスイッチは、さまざまなタイプのネットワークオペレーティングシステムに適合するよう設計されています。また、将来新しいネットワークオペレーティングシステムが登場すれば、オープンイーサネットは(標準API経由で)スイッチシステムが使用しているソフトウェアパッケージから別のパッケージへ移行できるように対応します。

ONIE

オープンイーサネットスイッチはONIE(オープンネットワークインストール環境)が予めインストールされています。これは、ベアメタルのスイッチシステムにどんなネットワークOSもインストールできる環境を与えるブートローダーです。ONIEは、Linuxサーバーの管理方法と同様に、データセンターのプロビジョニングの一環として、エンドユーザーがネットワークOSのインストールを自動化できるようにします。ONIEはCumulus Networksが提案したオープンコンピュートプロジェクト(OCP)オープンソースイニシアチブです。