LinkX® 4および12チャネルの25Gb/s VCSELドライバおよびTIA

LinkX VCSELドライバおよびトランスインピーダンスアンプ (TIA) は、それぞれクロック データ リカバリ (CDR) を完全統合しており、100Gb/s、200Gb/s、300Gb/s、400Gb/sの次世代の低電力光学送受信機の作成を可能にします。これらのデバイスは、受信機のディエンファシスやインプットイコライザなどプログラム可能な機能を幅広く備えています。低電力設計により、CDRが有効になっていても電力量は2.5W未満の完全な100Gb/s受信機を実現できます。CDRのオン/オフが選べるオプションでさらに低電力な設計も可能です。

チャネルあたり25Gb/sの製品の概要をダウンロード

MTTV2804送信機でブロック図をシンプルに

25Gブロック図 I

MTRV2804受信機でブロック図をシンプルに

25Gブロック図 II