LinkX® 可変光減衰器

メラノックスのUltraVOA™ は、シリコンフォトニクスを使用して信頼性の高いソリッドステートで電流制御の光減衰を実現。これにより、光ネットワークで超高速の信号レベルの制御を可能にします。可変光減衰器(VOA)は、シリコンの光導波管全体に作られた高信頼度のシリコンp-i-nダイオード構造で構成されます。ダイオードに電流が流れると、導波管の自由キャリアが光子を吸収し、電流制御の可変減衰を発生させます。

物理的な影響は電子的に制御されるため、VOAの応答時間は一般的な状況で1 µsを下回るほど速くなります。このVOAは、メトロおよびロングホールの転送における最も要件の厳しいアプリケーションに最適です。こうした高速のVOAは、特に光の一時的抑制やアナログ信号の変調アプリケーションに役立ちます。

製品概要をダウンロード

アプリケーション

  • チャネル電力の均等化
  • 光の一時的抑制
  • アナログ信号の変調
  • WDMおよび構成可能なネットワークにおける電力制御

データセンターアプリケーションにおけるシリコンフォトニクス型トランシーバの技術的課題

著者:Arlon Martin(メラノックステクノロジーズ、LinkXマーケティング部門シニアディレクター)
要約: シリコンフォトニクスを利用したVOA(可変光減衰器)はこの数年、年間100,000個以上も製造されている。VOAの大量生産の教訓は、年間生産台数が100,000台を超える勢いの100Gb/sのシリコンフォトニクスレシーバにも当てはまるだろうか?

ドキュメントをダウンロード