What Just Happened (WJH)

高度なストリーミングテレメトリー技術

モバイル バナー

従来のテレメトリーソリューションにはないメリット

What Just Happened® (WJH)は、ネットワークの問題についてリアルタイムの可視性を提供する高度なストリーミングテレメトリー技術です。WJHはネットワークの異常に関する実用的な詳細情報を提供することにより、従来のテレメトリーソリューションにはないメリットをもたらします。従来のソリューションでは、ネットワークカウンタと統計的パケットサンプリングを分析してネットワーク障害の原因を推定しますが、WJHではネットワークのトラブルシューティングにおいて推測に頼る必要がなくなります。

高度なストリーミングテレメトリー

ご質問

我々がお手伝いします

仕組み

WJHソリューションは、メラノックスSpectrum®ファミリのイーサネットスイッチASICに内蔵された独自のハードウェア機能を活用して、ソフトウェアやファームウェアベースのソリューションよりも高速となるマルチテラビットの速度でパケットを検査することができます。WJHは、ソフトウェアの問題を含むデータセンターネットワークの診断と修正に役立ちます。WJHは、従来のディープパケットインスペクションソリューションを圧倒する速度で、すべてのポートのパケットをラインレートで検査するため、コンピュータソフトウェアのトラブルシューティング、メンテナンス、修理のために費やすオンサイトでのテクニカルサポートサービスの時間を節約できます。WJHは、GrafanaやKibanaのようなオープンソースのツールに統合できるオープンイーサネットソリューションであるだけでなく、メラノックスNEOやCumulusのNetQなどのデータセンター全体のターンキー監視ソリューションでも動作します。

主なメリット

  • 根本的な原因を即座に分析
  • 計画外のデータセンター停止で生じる損失収益を削減
  • 解決までにかかる時間を短縮
  • トラブルシューティングに費やす時間を削減
  • サードパーティのネットワーク監視ソリューションに統合できるオープン性と拡張性

サポートされているオペレーティングシステム

メラノックスOnyxのロゴ

今すぐご購入いただけます

cumulus linuxのロゴ

今すぐご購入いただけます

switchdevのロゴ

今すぐご購入いただけます

sonicネットワークosのロゴ

今すぐご購入いただけます

NVIDIAメラノックスのクッキーに関する方針

本ウェブサイトは、お客様の好みの傾向や関心に合ったコンテンツを表示し、閲覧をより快適にするため、ならびにトラフィックの分析のためにクッキーを使用しています。本サイトのクッキーを削除またはブロックすることもできますが、それによりサイトの機能が妨げられる可能性があります。詳しくは、当社のプライバシーに関する方針をご覧ください。